中高年女性の性反応の変化

年齢を重ねてきても、二人で体を重ねあうことで愛情はますます深まります。ところが、女性の中には中高年世代になると、性反応に変化が見られるようになるようです。中高年の性生活を真面目に考えるならば、女性の体の変化について正しい知識を知っておくことも大事と言われています。

【性欲が低下する女性も多い】

閉経を過ぎると、妊娠する可能性がなくなるので性欲が増すという女性もいるようですが、逆に女性ホルモンの減少によって性欲がなくなるという女性も増えるようです。女性によってまったく違う性欲の変化。快楽を感じやすくなったという女性もいれば、逆に感じにくくなった、まったく感じなくなってしまったという女性もいるのだとか。人それぞれ体の変化には違いがあるようですが、女性ホルモンに関連するエストロゲンの分泌は減少しているので、性行為のときに少なからず痛みを感じる女性がいるようですね。

【中高年女性の半数は性欲が減退している】

いつぐらいから性欲が減ったと感じられるか、というアンケートを見ると、早い人だと20代にはすでに性欲が減っているのを感じているそうです。その後、30代では15~20%、40代でも同じように15~20%の女性たちは性欲がなくなったと口を揃えています。しかし、パートナーと一緒に暮らしている以上、性生活を拒むことに気が引けるという女性も同じように多いようです。拒むことで浮気をされてしまったらどうしよう、相手を尊敬、愛しているという気持ちに変わりはないのに体が相手を求めにくくなった、と悩んでいるんですね。もしもパートナーが悩んでいたら、自分の気持ちだけを一方的に押し付けたりせず、一緒に問題解決に向けて色んな工夫を取り入れてみてくださいね。

【刺激を与えても濡れにくくなる女性が増えている】

性欲がなくなってしまう理由はホルモンの減少もそうなんですが、体の感じ方にも変化がでているからと言われています。刺激を与えても濡れにくくなるため、性行為で痛みを感じてしまう、その結果、性行為自体が苦痛になってしまうわけです。

これは、女性だけが努力をして問題解決できるものではありません。パートナーと一緒に話し合うことが大切です。若い頃と同じようにはいかない、これは男性も同じ気持ちだと思います。例えば、女性側が刺激に対して感じにくくなったのなら、雰囲気作りを工夫してみませんか? 女性は性行為に及ぶ際、雰囲気がよければ徐々に感じやすくなると言われています。これは年齢を重ねても同じようなので、女性の気持ちが高ぶるような雰囲気作りを心がけてみてください。また、アダルトグッズの中には、摩擦による痛みを軽減するローションもあります。性行為による痛みは苦痛以外の何ものでもありませんから、そういったアイテムを取り入れることで女性の体にかかる負担を軽くしてあげるのもお勧めです。

いつまでも仲良しカップルで居続けるためには、双方の努力が必要不可欠です。お互いの気持ちが歩み寄ることで、本当の意味で安らぎのある日々を送ることができるのではないでしょうか。悩みを片方だけに押し付けたりせず、性生活における問題や悩みは一緒に解決していくことをお勧めします。

Copyright© 50代からの充実したセックスライフ All Rights Reserved.