中高年の女性の体にはどんな変化があらわれるのか

年齢を重ねていけば、男性も女性も体の様々な変化を感じるようになります。特に女性の場合は生理があります。女性ホルモンのバランスを保つために大切な体の仕組みですが、そのため閉経前後になると体の不調を訴える女性が多いようです。中高年の女性たちの体にどんな変化があるのでしょうか。

【女性の平均閉経年齢は50歳前後】

卵巣でホルモンが作れなくなることで排卵が止まります。これが閉経と呼ばれているものです。閉経になると、その後は妊娠する能力がなくなります。閉経する平均年齢が50歳前後と言われていて、早い方だと40歳前に閉経を迎える方も出てきます。60歳ぐらいまではほどんどの女性が閉経になるようです。実はこの閉経も、更年期障害の原因のひとつと言われているのです。女性ホルモンの活動が極端に減ることで、ホルモンバランスが崩れて自律神経のバランスも悪くなります。閉経前から更年期障害の症状が出ていて、閉経したことで症状が悪くなったという方も少なくありません。

【中高年以降の女性ホルモンの変化】

年齢を重ねることで、女性ホルモンが極端に減ってしまいます。女性を作るホルモンとして知られている卵胞ホルモンは、女性性器の発育の促進ため、あるいは子宮内膜の増殖に必要なホルモンのひとつです。女性ホルモンの一種のエストロゲンは、思春期頃に分泌が活発になり、閉経の前後10年を境に急に減りだします。閉経すると同世代の男性よりもエストロゲンが減ると言われていて、年齢を重ねていくごとに女性らしさを司る女性ホルモンの影響が少なくなるので、見た目にも男性化していくようです。女性の中で大きな悩みのひとつとなっていて、女性ホルモンを活発化させる食事を心がけたり、サプリメントを取り入れるなど努力している方は少なくないようです。

【中高年の女性たちの体型の特徴】

若い頃と同じ体型を維持したいと努力をしていても、どうしても加齢に勝てない部分があるようです。例えば乳房。なぜ年齢を重ねると垂れてしまうのか、これはバストをささえているクーパー靭帯の力が弱まることが理由のひとつと言われています。女性の場合は出産後、授乳することでもこのクーパー靭帯が弱まるので乳房が垂れやすくなるようです。

乳房だけでなく、胴回りも脂肪が付きやすくなると言われています。50代になるとバストサイズと胴回りのサイズが同じぐらいになるようです。おしりまわりもふっくらしてきますね。どちらにも共通して言えることは筋力が衰えることで筋膜が薄くなってしまいます。それによって脂肪が付きやすくなる、垂れやすくなるという仕組みになっているようです。若い頃に比べると痩せにくい体質になるので、若い人と同じように努力をしても痩せないと感じている女性は少なくありません。

女性の体は神秘的ですね。そして、女性ホルモンが大きく影響することで、男性には分からない女性特有の体の不調も出てきます。分からないからどうしようもない、と突き放したりせず、パートナーの苦しみや大変さを一緒に分かち合う気持ちを持っていてくださいね。年齢を重ねてもラブラブなカップルは、いいことだけでなく大変なことも分かち合うからこそラブラブで居続けることができるみたいですから。

Copyright© 50代からの充実したセックスライフ All Rights Reserved.