中高年のセックスレスはちょっとの工夫で問題解決

中高年になると確率が高くなると言われているセックスレス。なにが原因でそうなってしまうのか気になりますよね。セックスレスにならないための工夫と合わせてアドバイスをしていくことにしましょう。

【夫婦の関係性はセックスレスが悪化させる】

性行為がなくても相手を敬う気持ちは持っているのでだいじょうぶ、そういう考え方は一方的みたいですよ。実は、思っている以上にセックスレスは深刻な問題なんです。本当に相手に対して愛情があるのなら、体を重ねあうことを拒絶するようなことにはなりません。そのため、長らくセックスレスが続いた場合は、裁判でも離婚が認められているのです。やはり体を重ねあうことは、パートナーとの関係になくてはならないものなのではないでしょうか。

性行為を拒んでいるのですから、相手に浮気されてしまっても仕方がないですよね。もちろん、浮気がいいことではないですが、浮気をされてしまう原因を作っているのはセックスレスだから、ということになります。浮気をしたのはパートナーとセックスレスだったからという体験談は非常に多いんですよ。セックスを断られたとき、実は想像以上にプライドが傷つけられています。「仕事で疲れているから」「今日はそんな気分じゃないから」と言われてしまえば、次に誘うことができなくなってしまいます。プライドが傷ついてしまったことが原因です。

もちろん、本当に疲れているときもあるでしょうから、冷たくあしらうのではなく、今日は無理だけど一緒に寝ようとか、手を繋ぎながら寝るなど、相手の愛情表現を無駄にしないように、しっかり受け入れることでセックスレスは解消できるはずです。

【セックスレスにならないための工夫を取り入れよう】

もしかしてセックスレスになりそうな予感?そんなときは言葉で感謝を表しましょう。いつもありがとう、ご苦労様、そんな何気ない一言に愛情を感じるはずです。ここのところご無沙汰だった、と気になったら、ストレートに性行為を迫るのではなく、相手に対して愛情表現をしてあげてください。性行為の回数が減ってきたということは、セックスレス予備軍の可能性があります。自分の欲求だけを一方的に押し付けたのでは、性行為を拒絶されてしまう可能性があります。そうなると、断られたほうは精神的ダメージが大きいですよね。まずは愛情表現から。お互いの愛情を確かめ合いつつ、気持ちを高ぶらせていきましょう。

マンネリ化もセックスレスになりやすいと言われているので、演出効果にも工夫を凝らしてみてください。ベッドに入って性行為をする、これにスパイスをちょっとプラスすることで、これまでの性生活とガラリと印象が変わるはずです。二人で体を重ね合わせることが幸せで、楽しいと思えるような工夫が大事なんですね。

してもしなくても一緒、と口にする人もいますが、それは二人の関係を悪化させる大きな要因になります。愛し合って一緒に暮らしているのですから、お互いを求め合うことは自然なことなのです。その気持ちがない、もしくは薄れているということはお互いの関係が悪くなるだけでなく、破綻する可能性もでてきます。ほんの少しの工夫でセックスレスは回避できますから、愛情を持ってパートナーと接しましょう。

Copyright© 50代からの充実したセックスライフ All Rights Reserved.