.

夫婦で互いの不満や悩みを話し合うことも大切です

年齢とともに夫婦生活がマンネリ化すると、セックスに対する不満を口にすることができなくなります。性的欲求そのものを「年甲斐もなく」と考えるような傾向も芽生え、余計に対話が減ってしまいます。

性生活を本当に楽しめるのは40代、50代からです。夫婦の精神的なつながりを深めるためにも、セックスに対する不満を語り合うべきです。互いの求めているものは同じはず。恥ずかしがらずに打ち明けることで、新たな絆が生まれます。性について話しましょう。

【EDは夫婦で解決するもの】

加齢とともに勃起力や持続力がなくなる男性は多いです。「ED気味だ」という悩みを抱えていても妻に告白できず、「疲れている」などと言い訳をしてセックスを拒否してしまうケースもあります。EDは専門医を受診してバイアグラなどの薬を服用すれば比較的容易に改善できることが多い病気です。

妻に話せないストレスを抱え続けるよりも、正直に語り理解を得て、専門クリニックを訪ねるべきです。小さな勇気が、夫婦の間に大きな喜びをもたらすはずです。

【濡れにくい、性交痛がある】

女性の中には、性交痛があることを夫に打ち明けられないでいる人もいます。年齢とともに濡れにくくなることもありますので、妻の苦痛を夫も理解する必要はあります。ローションやゼリーを使用することで改善できる場合も多いので、夫婦で話し合って解決しましょう。長く続くようなら婦人科を受診してみてください。

【セックスに感じない】

夫婦ともに、セックスで快感が得られないという不満を持つことは多いです。女性の場合には「いったフリ」をしているケースもあるようです。愛の行為がポーズになっていては夫婦の絆は壊れてしまいます。不満があるのであれば、真摯に話し合わないと改善できません。これからも長く楽しい関係を続けていくためには、「感じないこと」を正直に語り合い、改善策を話し合うべきです。

【独りよがりなセックス】

男性女性に限らず、自分だけが気持ち良いセックスをしていることがあります。男性の場合、「射精」だけが目的となり十分な前戯もしないまま終わらせてしまうことがあります。女性でも、常に受身でするだけでパートナーが快感を得る工夫をしていないこともあります。お互いに自分を喜ばせるためには「こうして欲しい」という要望を語り合うべきです。

夫婦生活をさらに良くするためには、互いの不満点を語り合い、改善策を前向きに検討すべきです。それによって、夫婦の絆はさらに深まるはずです。

Copyright© 50代からの充実したセックスライフ All Rights Reserved.