シチュエーションにこだわってみよう

あなたは自分達のセックスに満足していますか?夫婦のコミュニケーションであるセックスは、「シチュエーション」を変えることで、いつもの何倍も楽しむことができるのです。ここでは「燃えるセックス」を演出するための、シチュエーションテクニックを紹介します。

【ラブホテルは燃える】

セックスに対してマンネリ化している夫婦は、いつもの寝室ではなく「ラブホテル」でプレイすることをオススメします。若い頃、幾度となく足を運んでいた方も多いのではないでしょうか。50代になった今だからこそ、もう一度お世話になってみましょう。

ラブホテルに行くことのメリットは、「ムーディー」な雰囲気を演出することができるという点です。ラブホテルならではの独特な雰囲気は、お互いを「その気」にさせます。これは、自宅の寝室で出すことはできません。セックスレス状態が長い夫婦も、ラブホテルに入ればスムーズにベッドインするそうです。

また、「ラブホテル=セックスをする場所」という認識が強いため、自然と興奮度が高まります。「自宅以外でセックスをしている」という要素も、興奮度を高めているポイントです。自宅ではその気になれない夫婦も、ラブホテルなら燃えるようなプレイを楽しむことができるでしょう。

【寝室を「ラブホ化」する】

自宅の寝室をラブホテルのようにするのも効果的です。どうしても生活感があるので、本物のラブホテルのようにはいきませんが、少なくとも雰囲気は出すことができます。寝室をラブホ化するためには、「オレンジの照明」、と「ダブルベッド」、甘い香りの「お香」が必要です。

特にこだわりたいのが薄暗い部屋とオレンジの照明です。これを組み合わせるだけでもムーディーな雰囲気を演出することができ、室内を甘い香りが漂えば、そこはまさにラブホテル。生活感のあるアイテムをできるだけ排除すれば、立派なラブホテル風の寝室が出来上がります。

【今だからこそ「お医者さんごっこ」に挑戦】

50代を過ぎた今だからこそ、「お医者さんごっこ」や「赤ちゃんごっこ」、「先生と生徒」など、いわゆる「なりきりプレイ」に挑戦してみてはいかがでしょうか。これらのシチュエーションに加え、「コスプレ」をするのも良いでしょう。いつものセックスでは味わえない、かなり刺激的なプレイになるはずです。

コスプレの衣装はネット通販で購入すると良いでしょう。ラブホテルなら貸し出しをしているとこともあります。自分達でシチュエーションと雰囲気を作り上げ、「二人だけの世界」を楽しむことが、本当の意味で満足するセックスに繋がるのです。少しでも興味がある方は、恥ずかしがらずに挑戦してみましょう。

正直な話、何回も同じ相手と身体を重ねると、どれだけの美女でもいずれは飽きてしまいます。それは女性も例外ではありません。セックスに飽きてしまっている方は、いつものプレイに一工夫するだけで、もう一度セックスに対して夢中になることができるのです。

Copyright© 50代からの充実したセックスライフ All Rights Reserved.