.

インド製バイアグラジェネリックの安全性とは?その注意点について

セックスレス改善に一定の効果が見込めるとして人気のバイアグタ。特に、インド製のバイアグラジェネリックは価格が安いことで有名です。その価格の安さから、個人輸入で手に入れようと考える人が多いですが、海外製ということもあって、安全性に疑問を持つ人もいるかと思います。そこでインド製バイアグラの特徴についてご紹介します。

【インド製バイアグラジェネリックについて】

インド製のバイアグラジェネリックは日本のバイアグラジェネリックが開発される以前、つまり本家ファイザー社のバイアグラの特許が切れる以前から製造されていました。これには、特許の法律の違いが影響しています。

薬品にかかる特許は「成分」と「製法」それぞれに発生するのが国際的にも一般的になっています。しかし、インドでは「製法」のみに特許があり、成分が同じでも製法が違うのであれば合法となっていたのです。このため、インドでは早くからバイアグラを製造していました。ちなみに、日本ではジェネリック医薬品ではなく、コピー版バイアグラという認識になっています。

特徴的な安さについては、インドの物価が日本と比べて10分の1ということも影響しています。価格ではカマグラという薬が50mg1錠500円前後で販売されており、国内のバイアグラジェネリックでも1錠1000で販売しているため非常に安いといえます。

【インド製バイアグラは安全なのか?】

インド製のバイアグラは、かつては日本の特許法の関係で持ち込みは不可能でした。現在では日本でもバイアグラの特許切れのため、こちらの問題はありませんが、厚生労働省の認可がおりていないため、輸入は行なわれていません。そのため、日本国内で利用するためには個人輸入で手に入れる必要があります。

しかし、この個人輸入に問題があります。インド製のバイアグラ自体はインドでも有名なメーカーのため安全なのですが、人気があり過ぎて密輸や違法な取引が行われていたのです。この中にはインターネットを使った取引も行なわれており、偽物も多く出回っていました。このため、個人輸入では薬の安全性を保障できないうえ、詐欺などの犯罪に巻き込まれる可能性もあります。また、海外製の薬を利用して副作用や健康被害にあった場合、すべて自己責任とみなされ、なんの保障もでないというリスクもあります。個人輸入には以上のようなリスクがあることを覚えておきましょう。

【病院の薬は安心…とは限らない?】

では、病院で処方されるものは安心かと言うと、これもそうとは限りません。実は日本国内に輸入していないインド製のバイアグラを安く処方しているクリニックがあるのです。医者は必要に応じて海外の薬を輸入できる仕組みになっています。しかし、これは緊急性の高い状況や国内の薬では替えが効かない、医者が責任を持つことを前提にして処方するなどの条件が必要となりますが、この場合、最後の「医者が責任をもつ」を条件に、薬監証明の手続きができれば輸入が可能なのです。輸入ルートも公式のものがない以上、安全性の確保ができているか、わかりません。安いと言って利用してみると、実は健康リスクのある薬を処方されていた、ということになりかねません。

薬の効果そのものは確かな効果を期待できますが、流通ルートがはっきりしない以上、安全とは限りません。個人輸入はもちろん、病院で処方される際にも、どこのものかなど確認し、価格が安いものには気を配りましょう。

Copyright© 50代からの充実したセックスライフ All Rights Reserved.