.

恋人気分を取り戻そう

あなたは奥さんを「どのような目」で見ていますか?「家族の一人」と考えている人もいれば、長年連れ添っても「一人の女性」として見ている人もいます。セックスレスを防ぐためにも、改めて自分の妻を「女性」として再認識する必要があるのです。

【妻のことを「名前」で呼ぶ】

あなたは自分の奥さんのことを何と呼んでいますか?「かあさん」と呼ぶ人もいれば、「かあちゃん」や「ママ」と呼ぶ人もいることでしょう。いずれにせよ共通していることは、「母親」であるということです。

男性は年齢を重ねると、自分のパートナーのことを母親として認識しだす傾向があると聞きます。50代にもなると自分の母親が亡くなっていることも多いので、その過程で妻を「かあさん」や「ママ」と呼ぶようになるそうです。

そして、奥さんを母親として認識している夫婦ほど「セックスレスに陥りやすい」ことがわかっています。冷静に考えてみましょう。男性は「自分の母親とはセックスをしない」ですよね。

ですので、相手が血の繋がっていない女性だったとしても、母親と一度認識すると「セックへ意欲がなくなってしまう」のです。これを改善するためには、奥さんを母親ではなく、「一人の女性」として再認識する必要があります。

そのためにも、普段から奥さんのことを「名前」で呼ぶように心がけましょう。名前で呼ぶのが結婚前に付き合っていた時以来という人は恥ずかしいかもしれませんが、間違いなく奥さんは喜んでくれるはずです。まずは恋人気分を取り戻すことが、セックスレス夫婦には必要なのです。

【プライベートに「刺激」を与える】

恋人気分を取り戻すためにはプライベートに「刺激」が必要であり、刺激は毎日を楽しく豊かなものにしてくれます。長年連れ添った夫婦は見なくてもお互いのことがわかりますが、同時に関係がマンネリ化するので、毎日が「惰性」になっていることが多いのです。

パートナーに刺激を与えるためには「サプライズプレゼント」が有効です。何気ない毎日でも、仕事帰りに花束を一つ買って帰るだけで、奥さんはきっと喜んでくれることでしょう。プレゼントがきっかけで会話にも花が咲き、マンネリ化していた関係を解消するきっかけにもなります。

休日はテレビを見てゴロゴロするのではなく、奥さんを連れて観光旅行に出かけましょう。観光名所はもちろん、温泉からショッピングまで、暇が出来たらパートナーを連れて外に出ます。一緒に写真を撮る、おいしいグルメを食べる、豪華なホテルに宿泊する、付き合っていた時のような恋人気分をもう一度味わってみましょう。

恋人気分を思い出すことがセックスレス対策になるので、マンネリ化している夫婦は上記を参考にし、実践してみましょう。行動に移すのは勇気が入りますが、二人の未来のためだと思い、頑張ってみましょう。

Copyright© 50代からの充実したセックスライフ All Rights Reserved.