中高年の男女にセックスは必要?

「セックスなんか○○年してないよ…」と呟く50代男性。男性は年齢を重ねるにつれて性欲は減退し、中高年になると下半身が反応しなくなるものです。そもそも、「中高年の男女にセックスは必要」なのでしょうか。ここではそんな疑問を抱く中高年男性のために、セックスの必要性を解説していきます。

【セックスは身体に良い影響をもたらす】

まずは男女に共通する話題から紹介しましょう。雑誌やテレビなどで一度は耳にしたことがあるかと思いますが、「セックスには若返り効果」があります。いわゆる「アンチエイジング効果」というものです。いつまでも若々しい夫婦は、50代を超えても週に一回はベッドインしているそうです。若さを保つ秘訣はセックスにある訳ですね。

そもそもなぜセックスにアンチエイジング効果があるのかというと、性的刺激を受けることによって「ホルモン」が分泌され、それによって皮膚の衰えや脱毛の抑制などが期待できます。何よりも「健康的な身体」を手に入れることができ、毎日を「意欲的」に送ることができるようになります。

若い頃は何に対しても友好的で、好奇心旺盛だったかと思います。多少無理をしても身体に影響がなく、元気に明るく毎日を送っていたはず。セックスを定期的にするだけで、そんないきいきとした日々を取り戻すことができるのです。

年齢もあるので100%取り戻すことはできませんが、少なからず今よりは「強い心と身体」になります。それそのものにアンチエイジング効果があり、周りからは「若返った」ように見えるのです。「セックスが長生きの秘訣」という夫婦も多く、「セックス=身体に良い影響をもたらす」ということが良くわかります。

【性欲を取り戻す方法】

中高年だからこそセックスをすべきということがおわかりいただけたかと思います。しかし、「性欲そのものが無い」ために、下半身が反応しない方も少なくないでしょう。そもそも、男性の性欲のピークは「10代後半から20代前半」なので、それ以降は減退する一方です。中高年男性に性欲が無いのは、「生物学的には間違っていない」のです。

性欲を少しでも復活させるためには、「バランスの良い食事」と「適度な疲労」は必要だと言われています。食事に関しては肉、魚、野菜をバランス良く摂取することが大切です。性欲を重点に置くならば、「牡蠣」などに多く含まれている「亜鉛」を摂取するのが効果的です。

また、人間は「疲れている時こそセックスがしたくなる」ということを本能的に覚えています。適度な疲労を得ることで、自身の性欲を促進することが狙いです。仕事からプライベートまで、身体に負担がかからない程度に一生懸命取り組んでみましょう。それが若い頃の「ムラムラ」を取り戻すきっかけになるはずです。

性欲が無くなった中高年だからこそ、身体のためにセックスをすべきなのです。若返り効果はもちろん、長生きするためにも、週に一回のベッドインができるように頑張ってみましょう。

Copyright© 50代からの充実したセックスライフ All Rights Reserved.