ミネラル豊富な牡蠣を食べて体質改善

男性の勢力増進のために効果が期待できる食材のひとつ、牡蠣。どうして牡蠣は男性にとってプラスの作用をもたらしてくれるのでしょうか。実は古い時代から愛され続けてきたようですね。後半では簡単牡蠣料理もいくつかご紹介します。


【牡蠣に含まれている亜鉛の効果がスゴイ】

牡蠣にはセックスミネラルと言われている亜鉛がたくさん含まれています。これは男性ホルモンを活発にする働きをもたらしてくれることで有名な栄養素ですが、実はEDの予防、治療にも効果が期待できる成分として知られています。EDで悩んでいる男性が増えているという話ですが、症状が出る理由はいろいろあり、中にはストレスが原因という場合もあるので、自覚症状がある場合は早めに病院で診察を受けてくださいね。場合によってはシアリスなどの薬を処方してもらえます。医師の指示通りに服用しましょう。


【男性だけでなく人間すべてに大事な栄養素】

亜鉛=男性というイメージが強いですが、男性だけでなく女性にももちろん必要不可欠な栄養素なんです。私たちが生きていくために特に必須ミネラルは大事だと言われています。この必須ミネラルのひとつが亜鉛なんです。不足しがちな栄養素をサプリなどで補うことももちろんいいのですが、出来れば新鮮な食材から摂取したいものですね。ちなみに亜鉛がたくさん含まれている食材は牡蠣のほかに、豚肉のレバー、ホヤなどです。豚レバーなどはスーパーでも簡単に手に入りますし、お得な値段で買うこともできるのでオススメの食材のひとつです。


【国が違うとユーモアも違う】

日本では特に意味がない場合でも、海外ではユーモアにしては刺激が強いと受け取られてしまうこともあります。そのひとつが牡蠣なんです。例えば、日本で「美味しい牡蠣を出しているお店があるから今度いこう」といわれたら、ただデートに誘われた、みんなで一緒に食事に行くのだろうと捉えますね。ところが欧米では、今度牡蠣を食べに行こうと誘ったとき、これは「今晩一緒に過ごそう」という意味が込められているのだとか。牡蠣に含まれている亜鉛は男性ホルモンのみならず女性ホルモンの分泌も活性させてくれるので、一緒に牡蠣を食べた後にセックスをしよう、と誘っている誘い文句として、中には映画の中でもそういうシーンがチラホラ映っていることがあるようですね。


【簡単牡蠣料理】

男性でも手軽にできる牡蠣料理をご紹介します。 ・焼き牡蠣:牡蠣に軽く小麦粉もしくは片栗粉をまぶして油を引いたフライパンで焼くだけ。ポン酢でいただきます。
・牡蠣のアヒージョ:小さめの土鍋にオリーブオイル50~100mlと、にんにく1かけを入れて弱火で温め、ニンニクの香りがでてきたら牡蠣を入れます。弱火のまま牡蠣に火が通ったら出来上がり。最後に塩を少しパラパラとかけたらOKです。
・鍋:キムチ鍋、海鮮鍋、土手鍋、どんな鍋料理にも合います。

養殖技術もあって、一年を通して牡蠣を食べることができる時代になりました。さすがに毎日牡蠣を食べるのは大変かもしれませんが、スーパーでみかけたら手軽に買ってみませんか? 色んな調理法があるので、もしかしたらお気に入りのメニューが増えるかもしれませんね。


Copyright© 50代からの充実したセックスライフ All Rights Reserved.