なぜ女性は年齢を重ねるごとにセックスが楽しくなるのか

セックスは女性を女性らしく、男性を男性らしく保つために大切な行為です。それでもやっぱり女性はパートナーにセックスのことをいろいろ相談することができない、と恥らう気持ちを持っているようですね。女性は年齢を重ねるごとにセックスを楽しめるようになると言います。今だからこそ、改めてセックスについて考えてみませんか?


【女性のオーガズム】

セックスで男性は必ず射精しますが、女性は必ずオーガズムに達するわけではありません。もちろん、気持ちがよくなるのは間違いないのですが、男性の射精にあたるオーガズムとなると、必ずしも毎回達していると答える女性がすべてではないことが分かっています。男性にしてみれば、必ず女性にオーガズムを感じて欲しいと思っているかもしれませんが、男性と女性では体の仕組みも心も違いますから、なかなか難しいところです。


【どのぐらいの女性がオーガズムを経験しているのか】

世代別にみると、若い世代はなかなかオーガズムに達していないようですね。パートナーも自分もまだまでセックスに対して未熟ということなのでしょう。女性の40代から50代のおよそ6~7割はオーガズムの経験があると答えています。やはり、何度もセックスを経験することで、どうすれば気持ちよくなるのか、そのコツを掴むのでしょう。オーガズムに達すると、女性の体では幸せホルモンと呼ばれている「オキシトシン」がたくさん分泌されます。これによって幸せな気持ちで満ち溢れ、もっとパートナーと寄り添いたい、もっと近づきたい、一緒にいたいという気持ちが湧き出てくるのです。女性は年齢を重ねるごとにセックスが楽しくなるという理由が分かりましたね。


【女性にとってセックスは苦痛?】

初めてのセックスで痛みを感じるのは皆さんご存知のとおりですが、初体験ではないのにセックスに苦痛を感じる女性は案外多いんですよ。特に若いころは男性が自分本位のセックスをやりがちなので、多くの女性は苦痛を感じながら我慢しているようです。しかし、大好きな人に嫌われたくないという一心で苦痛を感じていることを言えないというのですから不憫ですよね。やはり、オーガズムに達することができない、強引な愛撫で性器や膣が痛い、というのが理由のようです。


【女性の体と心のバランス】

若いころの男性は欲望が先に暴走することが多いため、女性にとって苦痛を感じることが多くなります。私は本当に彼に愛されているのか不安な気持ちになることも。ところが、年齢を重ねてくると男性は気持ちに余裕が生まれてきて、女性が感じてくれる、気持ちよくなってくれることが自分自身の喜びと感じるようになります。もちろん、テクニックも備わってきますね。これによって、女性が苦痛を感じるセックスから解放されます。年齢を重ねてきたことで、お互いの経験、テクニックがよりよいセックスライフを作り上げていくのです。

セックスはただ欲求を満たすものではありません。パートナーと愛情を確かめ合うための行為でもあります。自分だけが満足で切ればいいわけではないんですね。照れくささもあるかもしれませんが、二人にとって本当に満足できるセックスライフを送っているのか、一度語り合ってみるのもいいですよ。改めてパートナーとの相性の良さを実感することでしょう。


【もしもEDで悩んでいるなら早めに解決】

世の中にはEDで悩んでいる人が増えていることをご存知ですか? 加齢が原因と言われていますが、そのほかにストレスなども原因となってEDの症状が出てしまうこともあるのです。自分だけじゃないのだろうか、と悩む必要はありません。今の時代は専門機関を受診するだけでEDの悩みを解消させることができるのです。専門医に診断してもらい、必要があればシアリスのようなEDに効果のある薬を出してもらいましょう。指示通りに服用するだけなので簡単です。こんなことならもっと早く病院に来ればよかった、と思うはずですよ。

どれも今すぐはじめられる簡単なものばかりですね。健康な体を維持できてこそ、実年齢より見た目年齢が若くなりますし、セックスライフを充実させることができます。パートナーといくつになっても仲良く過ごすためには、やはりセックスライフも充実させるべきでしょう。


Copyright© 50代からの充実したセックスライフ All Rights Reserved.