セックスがもたらす健康効果

自分にとってセックスとはどんなものなのか、考えたことはありますか? 特に年齢を重ねてくるとそれほど重要ではないのでは、と思う方もいるようですね。しかし、パートナーと過ごしている中でセックスのない生活は、海外では考えられないみたいですよ。セックスレスが多い日本人カップルにこそ知っておいてもらいたい、セックスがもたらす健康効果をいくつかご紹介します。


【免疫力を高める効果が期待できる】

なぜ免疫力が高まるのか、これはセックスすることで体の中にある免疫「グロブリンA」が増えるからなんです。そのため、例えば風邪のウィルスが体の中に入ってきても退治できるというわけです。


【お肌を若く保つことができる】

セックスとお肌は結びつきにくいかもしれませんが、セックスすることで体全体の血液の流れがよくなります。これで体内の老廃物が排出されるため成長ホルモンの働きがよくなり、肌が蘇るというわけです。体内でコラーゲンを作る働きも促してくれるので、美肌に繋がることも分かっています。


【まさか髪の毛の健康も維持できる?】

血流がよくなることは体にとってメリットが多く、髪の毛にもプラスの作用をもたらします。髪の毛は毛穴から栄養を受け取りますが、血流が悪いと栄養不足になります。髪の毛に栄養がいきわたらないのでパサついた髪の毛になりがちです。ところが血の巡りがよくなることで髪の毛にじゅうぶんな栄養が行き渡るため、若々しいツヤのある髪の毛になるのです。


【ダイエット効果に繋がる】

セックスは運動の一種、と解釈している方も多いですが、確かに普段使わないような筋肉を使うことがありますね。おそらく普段運動不足を実感している方ほど、セックスは運動だと感じているのではないでしょうか。また、動くだけでなくパートナーに裸を見られることも、ブヨブヨした体型を見せられないという意識が芽生えるので、ダイエット効果に繋がると言われています。


【やっぱりストレス発散になる】

定期的なセックスを続けていると、血圧が安定することが分かっています。ストレスが蓄積されると血圧が高めになるため、健康が害されてしまいますが、健康的なセックスを続けることは血圧を安定させるので、セックスレスの方は出来るだけ早めに解消するといいですね。


【深い眠りを体感できる】

セックスすることでお互いの体ではプラスの変化が現れます。そのひとつがオキシトシンの分泌が活発になることです。オキシトシンは幸せホルモンと呼ばれていて、このホルモンがたくさん分泌されると私たちの心や脳は幸せな気持ちで満たされていくことがわかっているのです。セックスをした夜はぐっすり眠れるというのは、軽い運動をすることで適度な疲労を与えるからという理由だけでなく、幸せホルモンに満たされることも理由のひとつになっているんですね。愛のあるセックスは素晴らしいという証拠です。

セックスは性欲を満たすためのものだけではないんですね。お互いの健康を保つためにも大事な行為なのです。年齢を重ねれば頻度は少なくなるかもしれませんが、まったくなくなってしまうことは問題が多いようです。今更恥ずかしいなどといわず、改めてパートナーとセックスについて話し合う機会を設けるといいかもしれませんよ。


Copyright© 50代からの充実したセックスライフ All Rights Reserved.